DESIGN STORY

今に生きる
女性の
新しい
クラシック

ヴィンテージ・レディス

この商品は10月発売予定です

Rikiこだわりの見やすさと使いやすさに、どこか懐かしい美しさを織り交ぜたクラシックシリーズの2020年ライン。「ローマ数字×メタルバンド」2色と「アラビア数字×レザーバンド」2色の全4タイプは、どれも時代を超える美しさと品を帯び、身に着ける人の時間にそっと華を添えます。古き良きデザインの腕時計だからこそ、毎日使い続けたい女性に。「使いやすさ」をヴィンテージ風に再解釈した、優しく、エレガントな腕時計です。

  • どんなモノと、どう暮らすのかは
    意志を持って選びたい

    子として親として、学び、働く者として、誰かを支え、また支えられるパートナーとして……女性としての多様な生き方と価値観が認められる今だからこそ、どう生きるのか、どう暮らすのかは自分で選びたい。そんなあなたの思いに寄り添うウオッチシリーズです。気品漂うネイビー/ワインレッドのレザーバンドと、見やすさを追求した文字板。さりげない、でも確かな質の高さが、あなたの暮らしを支えます。

  • 壁に掛かった絵画のように
    静かに、多くを物語る

    シンプルな直線の連なりだからこそ、配置が難しい文字板のローマ数字。まず「読みやすいこと」が道具としての時計の価値だという渡辺力氏の思想のままに、文字の大きさや位置は繊細にバランスがとられています。分針と時針が一目で分かるよう、時針にスペード針を採用しているのも徹底した実用性へのこだわりから。小さく、軽い、存在を主張しすぎない腕時計には、渡辺力氏のこだわりと物語が、静かに、たくさん詰まっているのです。

  • ずっと使い続けるために
    日本のモノづくりにこだわる

    渡辺力氏はデザインという言葉がまだ定着していなかった戦後から活躍した、ジャパニーズ・モダン・デザインのパイオニア。急速に工業化が進んだ時代に、日本の職人技術の価値が見直され、より良い暮らしとは何かという問いが追求されました。そんな時代を生きた渡辺氏の「長く使えるモノ」に価値を置く精神を受け継ぎ、信頼のおける日本製にこだわって仕上げています。

  • 現代の暮らしに、ほんの少しの
    非日常とクラシックを織り交ぜて

    良い腕時計は時代を超えて愛されるデザインでありながら、使う人の「今」に一番に寄り添うもの。見やすく整えられた文字板に、女性らしい細身のバンドと大きな竜頭を合わせ、今を生きる人の新しいクラシックスタイルを提案しています。日々の暮らしに、ほんのひととき、とっておきのワインを楽しむ時間をつくるように、日常に上質なものを織り交ぜ、「今」を大切にするあなたのための腕時計です。

  • カーブガラスから見える
    腕時計の人のような表情

    女性が初めて腕時計を身につけるようになった時代の時計デザインを彷彿とさせる、懐かしい雰囲気が特徴。細いバンドと径が大きな竜頭に加え、丸みを帯びたカーブガラスが上品で暖かい趣をつくり出しています。腕時計を見る度に、文字板のガラスには揺らめく光のハイライトが入り、表情豊か。道具としての時計を、どうヒューマナイズするかを常に考えていた渡辺力氏らしさをここに表現しています。

LINEUP

  • AKQK032

    18,700円(税込)

    (税抜17,000円)

  • AKQK033

    18,700円(税込)

    (税抜17,000円)

  • AKQK034

    17,600円(税込)

    (税抜16,000円)

  • AKQK035

    17,600円(税込)

    (税抜16,000円)